感動を超える歓喜の瞬間があなたに訪れる

最近の高配当的中実績

内部情報×データ理論

  • 6/3 東京3R ◎ゲンパチマサムネ
    134740
  • 2/25 小倉8R ◎ユキノカトレア
    68400
  • 4/29 新潟11R 邁進特別◎ラインミーティア
    53290
  • 5/7 東京10R ブリリアントS◎ナムラアラシ
    46560
  • 4/8 阪神3R ◎オーミシューマン
    42460
  • 5/28 京都9R 東大路S◎テイエムジンソク
    29680
  • 7/2 福島12R ◎タイセイラルーナ
    29570
  • 7/2 福島8R◎ルーレットクイーン
    29360


競馬NEWS

今後に役立つ○○騎手の話

▼(この文章は約1分で読めます)▼

一昨年が2日間の騎乗で7勝、昨年が3週間騎乗して17勝(連対率54.7%)、しかも騎乗機会7連勝のJRAタイ記録をマークした“マジックマン”が、短期免許を取得し、今週の8月19日から札幌で2週間、騎乗する。それが、言わずと知れたジョアン・モレイラ騎手(身元引受調教師・堀宣行、契約馬主・吉田和子)だ。

土曜が10鞍、日曜の札幌記念は予定していたネオリアリズム(前走はモレイラJでクイーンエリザベス2世Cを勝利している)が回避したことで、同厩のマウントロブソンに騎乗。この馬を含め、9頭の騎乗を予定(ワールドヴィジョンは土曜の6Rと日曜の3Rの両睨み)。堀厩舎のバックアップも勿論あるが、あの騎乗技術を魅せられて関係者も黙っているワケがなく、今年は昨年以上に引く手あまたで、初日から固め撃ちができそうなメンツが揃っている。

モレイラ騎手に関して過去にこんな話がある。札幌の500万クラスで騎乗したアルバートに対して、当時、厩舎関係者が考えてもみなかった“長距離向き”と進言してきたのが、何を隠そうこのモレイラ騎手。その後、アルバートがステイヤーズSを連覇していることからも分かるように、ただ一度の騎乗でアルバートの適性をも見極めているのだ。

「今年は何勝するのか?」が焦点なのは間違いないが、騎乗した馬に対してモレイラ騎手が“どんな評価を下すのか”という点も今後の馬券に大いに役立つのは間違いなく、注目しておきたい。


【モレイラ騎手の騎乗予定馬】
≪土曜(19日)札幌≫
1R ディバインブリーズ 栗・須貝尚
4R ノヴァルーナ    美・堀
5R イルーシヴグレイス 美・堀
6R ワールドヴィジョン 栗・牧浦
7R エスコフィオン   美・大和田
8R セイカエドミザカ  美・相沢
9R ゼロカラノキセキ  美・尾関
10R クィーンズベスト  栗・大久龍
11R アドマイヤウイナー 栗・須貝尚
12R ゲイルバローズ   栗・藤岡建

≪日曜(20日)札幌≫
1R キルロード     美・田村
2R サトノヴィクトリー 美・堀
3R ワールドヴィジョン 栗・牧浦
4R アシュランス    美・和田道
5R ルーカス      美・堀
7R フォギーナイト   美・堀
8R アドヴェントス   美・堀
9R ヴーディーズピアス 美・青木
11R マウントロブソン  美・堀

一覧へ

マスターズ PageTop

メンバーログイン

ID/Passwordをお忘れの方

無料新規登録

携帯版MASTERS

QRコードを読み込むか、URLを
入力して携帯サイトへアクセス。

携帯版MASTERS

http://www.masts.jp