感動を超える歓喜の瞬間があなたに訪れる

直近の的中実績

内部情報×データ理論

  • 7/30 新潟4R 3歳未勝利牝◎アポロオスカー
    132770
  • 4/24 京都4R 3歳未勝利◎エクセレントミスズ
    100780
  • 10/16 東京10R 赤富士S◎メイショウヒコボシ
    62060
  • 7/30 小倉9R 国東特別◎ジャズファンク
    60870
  • 9/4 新潟11R 新潟記念(G3)◎アデイインザライフ
    59970
  • 5/8 新潟9R 4歳上500万下◎レッドオルバース
    57780
  • 11/5 東京12R 3歳上1000万◎ウインユニファイド
    55490
  • 7/24 中京7R 3歳上500万下◎ヴィブロス
    49020

競馬NEWS

あのレースの的中には、
実はこんな裏ネタが!!

■■■■■■■■■■■
━━━━━━━━━━━

あのレースの的中には、
実はこんな裏ネタが!!

━━━━━━━━━━━
■■■■■■■■■■■

牧場関係者情報の達人『AK氏』推奨

【特注レース】
11/12 東京8R

◎グレーターロンドン
△エンジニア
△ショウナンアンセム

3連単1万6030円的中
3連複  3330円的中
馬 連  2280円的中

上記の的中は、先週お伝えした6本の万券の内の1本。何も知らない方には、配当的にも比較的狙い易いように映るかもしれません。

ただし、◎グレーターロンドンは今回が1年振りの実戦。しかも、蹄葉炎から復帰という極めて稀なケースでした。

ここで簡単に“蹄葉炎”がどんな病気であるか説明すると、

釘を踏んだりして蹄の内部の毛細血管が減り、部分的に血が回らない状態になる症状を“蹄葉炎”と言います。

血が回らず、酸素や栄養が行き渡らなくなると、蹄自体が脆くなり、体重を支え切れなくなる事も(最悪の場合、脚の骨が蹄を突き破るケースも)。当然、ひとつの脚が蹄葉炎になってしまうと、他の3本に負担が掛かり、体全体の血の巡りも悪くなります。

そして、蹄葉炎は、他の病気に比べて馬が感じる痛みが強いのも特徴。痛みによるストレスと治療時には長期に渡って一切運動が出来なくなり、仮に治療が成功したとしても、全力疾走できない馬もいるのです。

今回、グレーターロンドンが蹄葉炎から復帰した事は、関係者の努力の賜物であり、良血だけに、馬主の期待が高い事がよく分かります。

牧場関係者情報の達人『AK氏』も、「脚元のことがあるから、叩いた次ではなく、一戦一戦が勝負との事で、牧場にいる頃からも厩舎に戻ってからも一発目が勝負との話でした」と、先週の土曜東京8Rは、まさに狙い済ました一戦だったのです。

世間の注目が低い平場戦ではありますが、当社の達人は、会員様に一鞍でも多くの的中をお伝えする為に、様々な場所へアンテナを張り、あらゆる情報を入手しています。レースの格に関わらず、《獲れるレースで確実に獲る》マスターズの公開レースには今後も大きくご期待下さい。

因みに、グレーターロンドンの母・ロンドンブリッジは、当社最高顧問である中尾謙太郎元調教師の管理馬。オークスを勝ったダイワエルシエーロをはじめ、多くの活躍馬を送り出しています。

一覧へ

マスターズ PageTop

メンバーログイン

ID/Passwordをお忘れの方

無料新規登録

携帯版MASTERS

QRコードを読み込むか、URLを
入力して携帯サイトへアクセス。

携帯版MASTERS

http://www.masts.jp